stag_beetle_japan

クワガタ飼育・採集を中心に自身の趣味・日常を綴ります 

ヒラタクワガタ(神奈川県東部産)WF1 飼育記録まとめ

f:id:kohya0727tj:20220313173315j:plain

神奈川県東部産ヒラタクワガタ WF1

1.はじめに

今回は自宅裏山産本土ヒラタ(Dorcus titanus pilifer)の飼育記録です。東海以西の地域であれば個体数が多い本種ですが、関東以北は局地的に生息している感じで、実績ある場所で狙って採らないと簡単に採れなかったりします。種親を採集した2020年シーズンにおいては、6月中旬-8月初旬の雨天以外はほぼ採集に出かけたものの観察できたのは6頭だけでした。うち♀は1頭のみで、これを逃すとブリード機会もないかな、と思ったのでお持ち帰り、絶やさない程度にゆるーく飼育してみます。まずは65mmUPを出したいところです。

2.種親紹介

♂ 54mm

採集日:2020年6月17日23:00-24:-00 天候:晴れ 気温:21℃ 湿度:85% 風速:0m/s

f:id:kohya0727tj:20220313164630j:image

f:id:kohya0727tj:20220315144620j:image
f:id:kohya0727tj:20220315144622j:image

細いコナラの樹洞から得た♂ 

♀ 25mm

採集日:2020年6月24日 20:00-22:-00 天候:曇→小雨 気温:23℃ 湿度:92% 風速:1m/s

f:id:kohya0727tj:20220313164633j:image

f:id:kohya0727tj:20220315144630j:image

シーズン発生初期で樹液が染み出す木の幹にとまっていました。極小です。

3.ペアリング-産卵セット-割出-幼虫飼育-羽化

①ペアリング(2020年7月3日)

f:id:kohya0727tj:20220313164650j:image

発生初期の♀は未交配かもしれませんので、しっかりペアリングさせます。

f:id:kohya0727tj:20220313164704j:image

一旦マットのみでセット

②産卵セット(2020年7月11日)f:id:kohya0727tj:20220313164707j:image

レスポンスが悪いので材を埋め込んで再セット。

f:id:kohya0727tj:20220313164725j:image

2020/8/25

やっとスイッチが入った感じ。ブリード品はマットのみでも産みますがWDは材ありの方が反応が良い気がします。

f:id:kohya0727tj:20220313164722j:image

2020/8/30 幼虫確認

③割出(2020年9月2日)

f:id:kohya0727tj:20220313164728j:image
f:id:kohya0727tj:20220313164731j:image

6卵6幼虫。丁度良いので打ち切りとします。

④幼虫飼育-羽化

1本目は菌糸、2本目以降はマットでブリードします。

f:id:kohya0727tj:20220313164800j:image

f:id:kohya0727tj:20220313164755j:image

早い個体だと半年ほどでスピード羽化。一貫して20度管理。各個体、成長度合いにバラツキが出ました。総じて菌糸はあまり成長してくれませんでしたが、マットに交換してからの食いは良く、あまり菌糸に馴染んでいない印象でした。生息環境の違いによるものか、WF1でも菌糸ガンガン食べる本土ヒラタも居ますよね。
f:id:kohya0727tj:20220313164752j:image

60mm程の羽化後 間もない個体。

4.羽化個体紹介

① ♂ 47.5mm 

f:id:kohya0727tj:20220313165017j:image

2020/7/11 セット→2020/9/3割出(卵)

2020/9/24 KBファームAG500cc

2021/2/28 羽化確認

② ♂ 56.2mm 
f:id:kohya0727tj:20220313165012j:image
2020/7/11 セット→2020/9/3割出

2020/9/24 KBファームAG500cc

2020/12/31 DOS 3次発酵マット800 12g

2021/6M 羽化確認

③ ♂ 56.2mm
f:id:kohya0727tj:20220313165054j:image

2020/7/11 セット→2020/9/3割出

2020/9/24 KBファームAG 1300cc

2021/2/3 DOS 3次発酵マット800 13g

2021/6M 羽化確認

④ ♂ 60.2mm
f:id:kohya0727tj:20220313165051j:image

2020/7/11 セット→2020/9/3割出(卵)

2020/9/24 KBファームAG500cc

2020/12/31 DOS生オガ800cc 7g

2021/6/M 羽化確認

⑤ ♂ 61.1mm
f:id:kohya0727tj:20220313165046j:image

2020/7/11 セット→2020/9/3割出(卵)

2020/9/24 KBファームAG500cc

2021/1/1 DOS生オガ 800cc 9g

2021/6M  羽化確認

⑥ ♂ 62.5mm
f:id:kohya0727tj:20220313165032j:image

2020/7/11 セット→2020/9/3割出(卵)

2020/9/24 KBファームAG500cc

2020/12/31 グローバルビートルマット 1300cc 11g

2021/7/2 蛹確認11g

2021/9/M 羽化確認

⑦ ♀ 29.9mm

画像省略

2020/7/11 セット→2020/9/3割出

2020/9/24 KBファームAG500cc

2020/12/20 蛹化確認

2021/2/E 羽化確認

⑧ ♀ 32.9mm

画像省略

2020/7/11 セット→2020/9/3割出

2020/9/24 KBファームAG500cc

2021/2/E 羽化確認

⑨ ♀ 36.3mm

画像省略

2020/7/11 セット→2020/9/3割出(卵)

2020/9/24 KBファームAG500cc

2021/1/1 DOS3次発酵マット500cc 5g

2021/5/30 二次利用マット500cc 5g

2021/8/E 羽化確認

⑩ ♀ 37.1mm

f:id:kohya0727tj:20220313165048j:image

2020/7/11 セット→2020/9/3割出(卵)

2020/9/24 KBファームAG1300cc

2021/5/E 羽化確認

5.まとめ

f:id:kohya0727tj:20220313164939j:image

65mm出せませんでした...このラインだけかもしれませんが、菌糸を拒食してる感じで初手からマットで飼育した方がアベレージがもう少し上がったかもしれません。母数が少ないので何とも言えないですが...次世代でも同じ交換パターンで傾向を見てみたいと思います。

 

(参考)神奈川県産(上)と愛知県産(下)

f:id:kohya0727tj:20220315224044j:image

東と西で頭楯の形状が異なると言われています。

(左)神奈川県産(右)愛知県産
f:id:kohya0727tj:20220315224041j:image

ややV字に凹む神奈川県産と凹みのない愛知県産。あくまで当方所有個体群の特徴になりますのでご参考程度に。

6.参考記事

stag-beetle-japan.com